twitter
facebook
社長メニュー
黒字決算を支援する3つのソリューション
K 継続MASシステム
F 戦略財務情報システムFX2
S 税理士法第33条の2による書面添付
花田宏造
税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

近畿税理士会所属

夢への実現をサポートするビジネスパートナーでありたいと考えております。 会社発展の全てをサポートし、経営者である皆様の悩みを解決に導きます。

ご挨拶

当事務所のモットーは

'弱きを助け強きを挫く'

'雨ニモマケズ'

の精神を地で行く、事務所です。

日々、心身を鍛え技能を磨き、臨戦態勢で臨んでいる心意気です。

モットー&心意気は浪花節ですが、事務所環境は徹底的な合理化・ペーパーレスを実現するため、極端なデジタル事務所となっています。勝手に送りつけられても無防備・無節操・前近代的なFAXを廃止し、連絡はメール・ショートメール・LINEを使って、電波の届く範囲においてはいつでも24時間連絡できる状態にしています。電話がつながらないときは携帯電話にショートメールを送ってください。この書類はなんだろう、って、わからない書類はスマホで写真を撮ってLINEで送ってください。回答いたします。

当事務所のように、ペーパーレス・デジタル環境を整備したい方には電子保存による帳簿証憑書管理を推奨します。電子署名、タイムスタンプ等法整備も刻々と進んでいます。スマホ時代に書類と紙だらけはもうやめにしませんか?手書きのFAXなんてやめませんか?事務処理はインターネット・クラウドを活用して合理化しましょう。

ここで少々薄々長々と具体的なデジタル事務化の持論を述べましょう。

まず、デジタル事務化の手始めに、水道光熱費・通信費・交通費・クレジットカードの明細はネット通知化しましょう。これらの郵便物はゴミです。これらが捨てられない人は机がすぐにゴミの山となります。郵便物は極力減らしましょう、受け取るのをやめましょう。さらに、郵便物を当たり前のように機械的に送ってくる組織は思考の停止・硬直化が進行していると思われ、雇用者は給与が毎月振り込まれるのが当たり前、金は勝手に湧いてくると思っている危機意識まるで無しの、雇われ根性丸出しの、子供や孫の未来なんてどうでもいい、自分の時に問題が起きなければそれだけでいい、くだらない類いの連中・集団なので、よっぽど御社にとって必要でなければ、郵便物の受け取りを拒否する旨の通知をするか、つきあいをやめて会費等を払うのをやめましょう。新時代の経営者ならわかりますよね。

次に、新聞を取るのを今すぐやめましょう。日常的なゴミの大部分は新聞です。毎日あれだけの文章を無理にうめて書こうとするのでどうでもいい情報を違法で危険な生コンクリートが如く水増ししてひたすら机の上で観念に観念を重ねて粉飾を続けるのです。新聞社の連中も年収1500万円もらっていたら当然でしょう。気持ちはわかりますよ。蟻を象のように巨大に大袈裟に書き続けて粉飾に粉飾を繰り返さないと年収1500万円もらえないのだから。理屈抜きでシャブ中はシャブをやめられないのです。でも思うに、そもそも彼らに年収1500万円払ってやるだけの義理が我々にあるのでしょうか?そんな借りを作った覚えはありません。人情的にも彼らの生活などどうでもいいのです。受験のために天声人語を読めって、現国の教師がどいつもこいつも金太郎飴のようにステレオタイプにいいやがって。一生恨んでやるぞ現国馬鹿教師。天声人語が受験にでるのが何%とかCMに流しやがって。あれは日教組とマスコミの洗脳複合体です。年収1500万円を確保するため、新聞売るため未成年を恫喝した卑怯者、受験生人質にとって金儲けした真性に汚い奴ら。あんな物読んだら市場経済・市場原理では戦えません。あっ思い出した、彼らは社会主義者だ。社会主義者にしては年収1500万円って。革命の時自分は殺されないって信じてたの、不感症かな?なるほど特権階級と思っているのか、だから今でも食品と同じ税率要求するのか、ますます嫌いだ。あんなものまじめに読み込んでた子供、社会に出て役に立つ人間になってますか。自分の頭で考える人に育ってますか。ニートを大量生産してしまいました。どうでもいい情報から解放されましょう。食品と同じ税率を要求するゴミ新聞に金を払うのをやめましょう。今すぐゴミ新聞を解約しましょう。年収1500万円どもを淘汰しましょう。ここまで口汚く罵ってようやくマスゴミの意味がわかりました。新時代の経営者ならとっくにご存じですね。

その次に、財布に現金を入れるのをやめましょう。現金は使わず電子マネー・クレジットカードで精算。どちらもスマホで使えます。移動もイコカ・スイカ・ピタパのみ。自販機も使えます。現金しか使えないお店には入りません。一円玉、五円玉、十円玉で財布が重くなるのは非合理的の極みです。スマホさえあれば買い物、移動ができる時代です。コンビニで並んでいつも思うのですが、なんで小銭じゃらじゃら鳴らせて払っているのでしょうか、疑問に思わないのでしょうか、バイトもじゃらじゃら数えて。無駄な時間と無駄な労力。現金お断りのお店がもっと増えればいいのに。キャンセルで泣く飲食店も減るんじゃないでしょうか。腕時計がなくなったように最終的には財布を世の中から消しましょう。

そのまた次に、銀行通帳を消しましょう。ネットバンキングを使って月末の銀行の往き来・長蛇の列のくだらない無駄な時間労力から解放されましょう。手数料が高いって、人件費を時間で割って考えましょう。信用できないって、犯罪に巻き込まれる確率と得られる合理性を天秤にかければ自ずと回答が出てくるはずです。ゲーム理論なんて使わなくても新時代の経営者ならわかるはずです。

最終的には従業員を雇った場合もコーポレートクレジットで支払いを済ますルールを作ります。経理担当が精算日にいつも「いつもおくれて出してくる」カリカリするような、悪口だらけの、精神衛生上悪いルールから解放します、現場作業員が怒られそうだから結局自腹ではらっちゃった、手取り少ないのに泣いてるよ、的な精神衛生上悪いルールから解放します。日本国の多くの経理会計担当者がいらつく精神衛生上悪い、てめえら現場知ってるのか!オイコラ!的複数税率の導入される時代に現金しか使えないような店を利用する必要があるのでしょうか?その店から発行されるあいまいな、はっきりしない、線引きどこ?的証憑書類は受け取らないのが精神衛生上ベストと私は考えます。

簡単な挨拶文ですが、最後に御社の発展を心よりお祈りします。

所長 花田宏造

所長

主なサポート内容

新規開業でお悩みの方
金融機関の要請に基づく経営改善計画書の作成を支援します
円満な相続と円滑な経営承継をご支援します
お問い合わせはこちら

事務所概略

事務所名花田宏造税理士事務所
TEL

0797-25-1103

普段の連絡はメール・ショートメール・LINEを多用しています。

FAXペーパーレス時代なので廃止しました。スキャン・メール添付で対応してます。
業務内容
  • 独立・開業支援・法人設立に関する業務
  • 税務・経理・財務・会計・決算に関する業務
  • 予算計画・経営計画に関する業務
  • 財産評価(自社株評価)・事業承継・相続税・遺産分割協議書・資産税に関する業務
  • 建設業許可申請・経営事項審査に関する業務
  • 外国企業の財務諸表翻訳に関する業務(英文のみ)
  • 公印確認申請に関する業務
所在地〒659-0021
兵庫県芦屋市春日町9番1-409号
担当地域芦屋市、神戸市東灘区、その他近畿一帯